カシオ様 のサンゴ畑情報


1月22日 植え付け
     
     

  
1月28日 カシオ畑完成
     

  
2月18日 サンゴ生育状態 水温22.6° 
     
     

  
3月7日 サンゴ生育状態 水温23.6° 針金が電食を起こしサンゴと一体化してきました。 
     
     

  
4月14日 メンテナンス・この時期は海藻が非常に多く、海藻除去を実施。 
 
 4月14日 サンゴ生育状態 水温25.4° 針金は完全同化しどこにあるか見えなくなってきました。定着材へも固着を確認。
 

  
6月17日 サンゴ生育状態 水温28.4° ついに魚が付きだしました。幼魚の隠れ家となっています。 
 

  
10月21日 サンゴ生育状態 水温26.5° 
②のサンゴの枝が台風で折れたようですが、折れた部分から新たな枝が出てきています。すごい生命力。
定着材のマグホワイトを包み込む他、土台のパイプまで固着しています。大きく枝が多いサンゴには住処とする魚も増えてきました。 

  
11月21日 サンゴ生育状態 水温25.2° 
生育は順調ですが、定点観測を行っている④・⑤番のサンゴが残念ながら弱っています。全養殖場の中でも数が少ないスゲミドリイシ。やはり一筋縄ではいきません。今後も経過を観察していきます。そんなこともあり⑤番の隣のフトエダミドリイシも定点観測に追加しました。 
定点観測以外の各個体も順調に成長。下の画像(左側)は養殖したサンゴではなく土台の固定材に自然にくっついたもので、いつの間にか大きくなっていました。
中央画像はカシオサンゴ畑内のサンゴのひとつで手の平を超えるまでに成長。他のサンゴも平均して手の平サイズを上回ってきています。 

  
12月18日 サンゴ生育状態 水温24.6° 
まずは定点観測個体から。⑤番の弱っていたサンゴが若干復活しています。 
他のサンゴ達も順調に成長しているほか、サンゴを隠れ家にしている魚たちもサンゴ同様成長し大きくなってきました。
今のところ各サンゴたちみな良い成育状態を保っています。

  
3月15日 サンゴ生育状態 水温24.6° 
一年以上が経過。
①③⑥は順調に成長中。②は台風で一度折れたものの、枯れることなく強い生命力でどんどん大きくなっている。
④⑤は半死状態でありながら、今だ頑張っています。
次回はカシオ畑内の別種のサンゴも紹介できればと思います。

 
4月17日 サンゴ生育状態 水温25.4° 
一年以上が経過。
①②③⑥は非常に良い状態を保っています。
④⑤は半死状態であるが生きている部分は少しづつ成長している。
左画像は定点観測を行っている入り口側、中央と右画像は奥側。今回は奥側の今まで紹介していなかったサンゴを紹介。
左)イボハダハナヤサイサンゴ、中央)ウスエダミドリイシ、右)スゲミドリイシ
中央と右画像は定点観測や過去画像でも少し紹介していますが、ハナヤサイサンゴは初めての紹介。カシオ畑レーンの一番奥側で成育しています。
このサンゴは骨格も太く非常に丈夫。今のところ順調に成長しており、白化等が起きなければぐんぐん成長していく見込み。
スゲミドリイシは部分死滅が起きやすいサンゴですが、写真でもわかるようにこの個体は順調で色味も美しい。今後が楽しみな個体たちです。