報告

このサンゴの大規模な白化という危機に直面しているこの機会に、サンゴを取り巻く環境理解を深めるため、実際を皆様に見ていただき、共に皆様の職場環境でもあると思うサンゴの生育環境を「守り」「育てる」お手伝いをしていただくことを目的に研修会イベントを開催しました。
多くのみなさんにご参加いただき、無事終了いたしました。イベントにご協力いただき、心より感謝申し上げます。
報告

3935プロジェクトとは

石垣島を含む八重山諸島には、世界に誇る美しい自然があり、島に暮らす人は もちろん、島を訪れる人々に多くの感動を与えています。 なかでも島を囲む、 海の美しさは日本屈指。
しかし、そんな石垣島の海を彩る「サンゴ礁」は、現在、地球規模の環境変化 によって危機的な状況を迎えています。
そこで、石垣島では海を愛するダイバー とともに、石垣島の海に広がる宝を未来に残していけるよう、このプロジェクトを実施します。

  1つのサンゴが分裂を繰り返しながら成長する速度は、非常にゆっくりしているため、一度消滅してしまうと、再びその姿が見られるようになるまでに、数十年の月日がかかります。

当プロジェクトは、石垣島の宝であるサンゴを「みんなの想いで育てる」ため、石垣市が地方創生事業「サンゴ保全活動における新たな観光事業の創出」として企画。 八重山漁協組合協力により、海中の「サンゴ畑」を作る場所を、組合が島内外のダイビングショップに無償レンタル。島に訪れる観光客、ダイバー、地元住民らに「苗作り」や「植え付け」を行う体験コンテンツを提供しながら、サンゴの育成を進めます。サンゴ保全活動による新たな観光事業の創出です。
  3935プロジェクトでは、石垣島を訪れるダイバー、観光客、地元住民にとっての癒しの場であり、漁業従事者やダイビングショップにとっては職場である海中環境を守り、未来につないでいくため、石垣島を愛するみんなの手でサンゴを育てていきます。 
そして、この夏の危機的なサンゴ白化に対して取り組みをより加速していくことが求められています。  ぜひ、プロジェクトへの参加をお願いします。

3935projectサンゴの海